平泉春の藤原まつり東下り行列2017義経役は横浜流星!歴代義経役一覧

東下り

毎年岩手県平泉町で行われている春の藤原まつり。メイン行事として、源義経公東下り行列があります。これは、観光客がものすごい押し寄せる人気イベントで、毎年GW中の5月3日に行われます。

 

どんなイベントか簡単に言いますと、その時人気の俳優さんたちを呼んで、源義経役は馬に乗って100人ぐらいの行列をなして歩くというもの。

 

2017年の義経役は横浜流星さんに決定しました!最近よくテレビで見かけますよね。先週も行列のできる法律相談所に出てましたし、空手の腕前がものすごくてかっこいい俳優さんです。

 

今回は、横浜流星さんのプロフィールと東下り行列の歴代義経役一覧、そして、東下り行列の由来を紹介しますね♪

 

スポンサーリンク

横浜流星プロフィール

横浜流星

引用:modelpress

 

名前横浜流星
 生年月日1996年9月16日
 年齢20歳
 出身 神奈川県横浜市
 身長174cm
 体重
 足サイズ 27cm~27.5cm
 血液型O型
 趣味音楽鑑賞
 特技極真空手
 所属スターダストプロモーション芸能6部

 

まず、気になるのが名前です。「横浜流星」珍しい名前ですよね。当然、芸名だろうと誰もが思うのですが、実はコレ本名なんです!横浜出身だし苗字に関しては、ソコから付けたんだろうと最初思いましたが、意外ですよね。ちなみに横浜には生まれてから数か月しかいなかったようではあります(笑)

 

また、名前の「流星」ですが、「何か一つでも自信を持てることを持ち、輝いてほしい。」そういった思いから付けられたようです。空手もそうですし、俳優としてももう輝いていますがな!

 

 

芸能界に入ったきっかけは、小学校6年生の夏休みに家族旅行中、原宿の竹下通りでスカウトされたことです。そして、現在所属している事務所のスターダストプロモーションに所属しました。

 

そんな横浜流星さんの初仕事は意外や意外、学習塾の栄光ゼミナールのCM。その後は、雑誌のモデルとして活躍していました。

 

先ほども言った通り、横浜流星さんは極真空手をやっており、小学生から続けていたということで、中学生のときに、「国際青少年空手道選手権大会13・14歳男子55kgの部」で優勝したほどの実力!ただ、中学生の頃所属していたのは、陸上部だったようですね。空手は部活にないところも多いですからね。

 

2012年には、「仮面ライダーフォーゼ」に出演!(先日引退騒動のあった清水富美加さんも出てましたね!このころの月給が5万円だったとか・・・?)

 

 

2013年には、「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」に出演!(これまた清水富美加さんも出てましたね!(笑))

 

 

そして、一躍有名になったのは、2014年に「列車戦隊トッキュウジャー」に出演したときです。

 

2015年9月には、「JKは雪女」に出演。2016年8月には、「でぶせん」で、学校一の問題児・義志沢月人として出演していました。続いて、10月には、「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」に堺章吉役として出演。

 

映画では、「オオカミ少女と黒王子」、「全員、片想い」、「キセキ ~あの日のソビト~」に出演しました。キセキに関しては、今年なので記憶に新しいですね。

 

 

横浜流星さんの活躍は、ドラマや映画だけにとどまりません。舞台にも多数出演しており、主演もいくつも務めています。これから更に多方面での活躍が期待される俳優さんなのです!

 

春の藤原まつり「源義経公東下り行列」歴代義経役一覧

東下り

 

毎年、有名な俳優さんが呼ばれている印象がある東下り行列の義経役ですが、今までどんな人たちが義経役を務めたことがあるのでしょうか?一覧にしてまとめました。

 

開催年義経公
11955年(昭和30年)南洞頼教
21956年(昭和31年)千葉仁一
31957年(昭和32年)小野不二朗
41959年(昭和34年)佐々木賢宥
51961年(昭和36年)菅原信夫
61963年(昭和38年)千葉幸四郎
71966年(昭和41年)北嶺澄仁
81968年(昭和43年)千葉庄悦
91969年(昭和44年)佐々木慎宥
101970年(昭和45年)伊藤孝雄
111971年(昭和46年)小松代睦雄
121972年(昭和47年)大船渡
131973年(昭和48年)志垣太郎
141974年(昭和49年)花丘圭二
151975年(昭和50年)三ツ木清隆
161976年(昭和51年)新沼謙治
171977年(昭和52年)佐藤佑介
181978年(昭和53年)阿部周二
191979年(昭和54年)加納竜
201980年(昭和55年)国広富之
211981年(昭和56年)広岡瞬
221982年(昭和57年)井上純一
231983年(昭和58年)新田純一
241984年(昭和59年)松田洋治
251985年(昭和60年)三波豊和
261986年(昭和61年)川野太郎
271987年(昭和62年)村上弘明
281988年(昭和63年)橋爪淳
291989年(平成元年)坂上忍
301990年(平成2年)新藤栄作
311991年(平成3年)山本陽一
321992年(平成4年)倉田てつを
331993年(平成5年)稲垣吾郎
341994年(平成6年)林泰文
351995年(平成7年)宮下直紀
361996年(平成8年)池谷幸雄
371997年(平成9年)羽賀研二
381998年(平成10年)野々村真
391999年(平成11年)藤原竜也
402000年(平成12年)妻夫木聡
412001年(平成13年)山崎裕太
422002年(平成14年)斉藤祥太
432003年(平成15年)須賀貴匡
442004年(平成16年)石垣佑磨
452005年(平成17年)滝沢秀明
462006年(平成18年)賀集利樹
472007年(平成19年)中尾明慶
482008年(平成20年)木村了
492009年(平成21年)五十嵐隼士
502010年(平成22年)内田朝陽
(中止)2011年(平成23年)石黒英雄
512012年(平成24年)溝端淳平
522013年(平成25年)平岡祐太
532014年(平成26年)山本裕典
542015年(平成27年)吉沢亮
552016年(平成28年)高杉真宙

 

2011年は東日本大震災が起きたので中止となりましたが、2017年で56回を迎える伝統的なイベントです。意外にも坂上忍さんが義経役を務めたときもあったんですね。

 

ちなみに以下は2016年の高杉真宙さんです。

 

 

スポンサーリンク

源義経公東下り行列の由来

源義経公東下り行列は、最初に簡単に「俳優さんが馬に乗って行列をなして歩く」というイベントと言いましたが、もう少し詳しく説明しますね。

 

源義経公東下り行列は、義経の兄である源頼朝の追討から逃れて平泉にたどり着き、藤原秀衡や地元民に歓迎された故事に倣ったものです。100人以上の参加者で平安絵巻を再現したものです。ちなみに平安絵巻とは下のような絵巻です。

 

平安絵巻

 

午前中に藤原秀衡公出迎行列が中尊寺坂下を出発し、一行が昼過ぎに毛越寺へ到着すると大泉が池で「義経公ねぎらいの場」が再現されます。午後1時30分頃に毛越寺を出発した本行列は午後3時過ぎに中尊寺金色堂へ到着し奉拝するという流れです。

 

先週の行列のできる法律相談所に横浜流星さんが出演した際に言ってましたが、自身の休息方法は神社に参拝することだと言っていました。今回の東下りの仕事は、横浜流星さんにぴったりの仕事ではないでしょうか?

 

秋の藤原まつりもあるよ!

実は春だけでなく、秋の藤原まつりもあります。秋の藤原まつりは毎年11月1日~3日に行われます。

 

11月1日は、藤原四代公追善法要(中尊寺)、公報恩法要(毛越寺)があり、稚児行列、郷土芸能等が行われます。11月2日は、中尊寺と毛越寺で郷土芸能、11月3日は、郷土芸能、能・狂言の奉納(中尊寺)、浄土庭園での「延年の舞」(毛越寺)が披露されます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 平泉春の藤原まつり「源義経公東下り行列」は毎年5月3日に行われており、2017年の義経役は横浜流星さんに決定した。
  • 横浜流星さんは極真空手の世界大会に優勝したこともあるほどの実力者。
  • 最近では数々のドラマ、映画、舞台に出演しており、露出がかなり多くなってきている今後も期待の俳優である。
  • 歴代の源義経公東下り行列の義経役は、その時人気のある俳優が呼ばれている。
  • 源義経公東下り行列は平安絵巻を再現したもので、かなり人気のイベント。

 

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告)