プロ野球CSのルールまとめ!延長・予告先発は?

野球ボール

DeNAが初のCS進出が濃厚になってきましたね。CSが導入されたのが2007年ですから、もう10年近く経っていますが、CSのルールについて、あなたはきちんと知っているでしょうか?実は、よく知らない人が多いと思います。

 

おそらくですが、3位までがCSに進出できるということぐらいしか知らない人がほとんどかと思います。

 

今回は、CS(クライマックスシリーズ)を導入した経緯から、CSの延長・予告先発等のルールについて解説します。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

CSが導入された経緯

東京ドーム

 

CS(クライマックスシリーズ)はプロ野球の全試合日程が終わった後、日本シリーズへの出場を目指して行われる短期決戦のことです。CSが導入されたのは2007年でした。

 

以前は、優勝したチームしか日本シリーズに出ることはできませんでしたので、優勝チームが決まってしまうと、残りの試合は消化試合となってしまい、毎年興行収入が落ち込んでしまっていました。

 

確かに、もう優勝チームが決まってしまえば、残りは消化試合で、もうあまり興味がなくなり、興行収入も落ち込むのも当たり前ですね。

 

そこで、これを防ぐために、パリーグでは先行して、2004年~2006年はプレーオフ制度が導入されていました。これが興行的に成功を収めたことがきっかけでCSは始まったのです。

 

ん?クライマックスシリーズとプレーオフ制度って同じじゃないの?いえいえ、違うんです。

 

CS(クライマックスシリーズ)とプレーオフ制度の違い

神宮球場

 

2004年~2006年、パリーグで導入されていたプレーオフ制度は、ペナントレースで1位となったチームがリーグ優勝というわけではないんです!上位3チームで行われるプレーオフで優勝しなければ、リーグ優勝にはならないのです!

 

リーグ優勝となれば、当然日本シリーズに進出することができます。

 

これに対して、CS(クライマックスシリーズ)は、ペナントレースで1位になれば、リーグ優勝となります。そして、上位3チームで行われるCSで優勝すると、日本シリーズに進出することができます。

 

つまり、CSとプレーオフの違いは、リーグ優勝がどう決まるかの違いですね。

 

スポンサードリンク

CS(クライマックスシリーズ)のルール

球場

 

CSでは、リーグ2位 vs リーグ3位のファーストステージと、リーグ1位 vs ファーストステージの勝者のファイナルステージが行われますが、それぞれルールが異なりますので、ファーストステージとファイナルステージに分けて解説します。

 

ファーストステージ(リーグ2位 vs リーグ3位)のルール

  • 3試合制で勝利数の多い方が勝ち
  • 引き分けあり
  • 勝利数が同じ場合は、リーグ2位のチームがファイナルステージに進出
  • 球場はリーグ2位のホーム

 

※2試合終了時点で、ファイナルステージに進出するチームが決定した場合は、3試合目は行いません。

 

ファイナルステージ(リーグ1位 vs ファーストステージの勝者)のルール

  • 6試合制で勝利数の多い方が勝ち
  • 引き分けあり
  • リーグ1位のチームには1勝のアドバンテージあり
  • 勝利数が同じ場合は、リーグ1位が日本シリーズ進出
  • 球場はリーグ1位のホーム

 

2007年はアドバンテージはなく、5試合制でした。しかし、この年、ファーストステージを制した中日が、リーグ1位の巨人に3連勝してしまい、日本シリーズに進出したことをきっかけにアドバンテージが導入されました。

 

やはり、レギュラーシーズン優勝していて、何もアドバンテージがないのは、かわいそうですよね。短期決戦では何が起こるかわかりませんし・・・。やはり、優勝チームは有利であるべきだ!という考えですね。

 

延長・引き分けは?

野球ボール

 

CSのファーストステージ、ファイナルステージは共に、延長ありで12回と決まっています。12回を終えて、同点の場合、引き分けとなります。ちなみに、引き分け試合となっても、再試合は行いません。

 

スポンサードリンク

予告先発は?

予告先発は、パリーグのみに適用されています。予告先発があるのとないのとでは、戦略の立て方が異なりますよね。

 

まとめ

いかがでしたか?CSについて、理解できましたか?プレーオフ制度が改良されて、現在のCS(クライマックスシリーズ)の形に落ち着いたということですね。

 

今年は、セリーグは広島が優勝しました。しかし、マエケンがメジャーに行って投手力が落ちたと言われながら、この圧勝はすごいと思います。マエケンはメジャーに行っても活躍していますが、ちょっと複雑かもしれませんね。

 

さらに、DeNAもCS進出に王手をかけました。もうほぼDeNAのCS進出も間違いない状況です。3位チームでも日本シリーズ進出の可能性もありますし、CSもいつもより盛り上がりそうですね。

 

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


6 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ