チャイルドシートは何歳まで義務?助手席設置は法律違反?

チャイルドシート

チャイルドシートは何歳までが義務付けられているか知っていますか?また、最近チャイルドシートを助手席に設置して走っている車をよく見かけますが、あれって大丈夫なんでしょうか?

 

おそらく私と同じように思った人も多いはず。今回は、チャイルドシートが何歳まで義務付けられているのか、助手席設置は法律違反ではないのかについてお伝えします!

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

チャイルドシートは何歳まで義務?

女性

 

赤ちゃんが産まれた場合、車を持っている方なら必ずチャイルドシートを用意しないといけません。チャイルドシートは、子供の安全を守るためで、法律でも決まっています。

 

では、子供が何歳になるまでチャイルドシートを使用しないといけないのでしょうか?結論から言うと、5歳までです。6歳になれば着用義務はありません。また、たまに見かけるのが、お母さんと思われる人が抱きかかえて乗っているというパターンですが、これは違反です。

 

急ブレーキをかけた場合、大人はシートベルトをしっかりしていれば、まだ安心ですが、助手席で赤ちゃんを抱きかかえていた場合、フロントガラスに向かって赤ちゃんが飛び出し、ケガをしてしまうことも考えられます。

 

6歳未満の子供がいて、車を持っている方は必ずチャイルドシートを設置しましょう。

 

6歳以上でもチャイルドシートを着用した方がいい場合

説明男性

 

6歳以上になればチャイルドシート着用義務はなくなるものの、着用した方がいい場合もあります。

 

子供の成長は個人差があり、6歳になっても小さい子供もいます。大人用シートベルトは身長が約135cm~140cm以上の体型向けに作っていますので、6歳になっても、これに満たない場合は使用した方がよいでしょう。

 

ネットで調べてみると、6歳以上にも関わらず、子供が小さいため体型で判断されて、違反と判断されたという場合もあるということなので、念のため着用をおすすめします。

 

スポンサードリンク

6歳未満でもチャイルドシートを着用しなくていい場合

説明男性

 

6歳未満の子供はチャイルドシート着用義務があるとお伝えしましたが、チャイルドシートを着用しなくていい場合もあります。

 

道路交通法第七十一条の三の三項に記載されているのですが、「疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。 」ということです。(※幼児用補助装置はチャイルドシートを示します。)

 

また、他にもチャイルドシートの着用が免除される場合もありますので、紹介します。

 

  • 座席の構造上チャイルドシートを固定させることが出来ない場合
  • 運転席以外の座席数以上の数の者を乗せるため、乗車する幼児の数と同じ数のチャイルドシートを固定することができない場合
  • 負傷や障害によってチャイルドシートを使うと健康によくないとされる幼児を乗せる場合
  • 肥満などの身体的な理由によってチャイルドシートを着用することが困難な場合
  • 運転者以外の者が授乳などの日常生活の世話を行っている幼児を乗車させる場合
  • タクシーやバスなどの旅客となる場合
  • 市町村の特定非営利活動や公共の福祉を確保するためにやむを得ない場合の運送に供する場合
  • 応急救護のための医療機関や官公署などに緊急に搬送の必要がある場合

 

どれもやむを得ない場合ですね。

 

チャイルドシート助手席設置は法律違反?

警察

 

最近チャイルドシートを助手席に設置している人を結構見かけますが、結論から言うと、これは法律違反ではありません。チャイルドシートは後部座席に設置するものというイメージがありますよね。しかし、できれば助手席には設置すべきではないです。いくつか理由があるので紹介します。

 

  • 子供に気を取られ、事故を起こす可能性がある
  • 事故を起こした場合、助手席は致死率が高い
  • 事故を起こした場合、エアバッグが子供には逆に危険

 

確かに助手席に子供がいると、チラチラ見て気を取られそうです。これだけでも危険ですが、仮に事故を起こしてしまった場合、助手席は死亡する確率が高いということです。

 

最後のエアバッグが子供には逆に危険というのが気になります。これは、シートベルトと同様、エアバッグも子供を想定して作っているわけではありません。エアバッグが膨らむ原理は、内蔵の火薬に点火して、その爆風で膨らみます。この膨らむスピードは時速100キロ以上で、一瞬で膨らみます。

 

こちらの動画はスローでも一瞬で膨らんでいます。

 

 

これによってフロントガラスにヒビを入れてしまうこともあるほどです。それが子供に襲い掛かったらどうなるか・・・?怖いですよね。しかも、チャイルドシートをしていると、大人が普通にシートに腰掛けるより、前に出てしまいますから、子供の方が衝撃は大きいでしょう。

 

自分は事故なんか起こさないから大丈夫なんて思わず、子供の安全第一で考えましょう。やはりチャイルドシートは、後部座席への設置をおすすめします。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • チャイルドシートは6歳未満の子供に着用が義務付けられている。
  • 6歳未満の子供の子供に義務付けられてはいるが、成長の遅い子供には6歳になってもチャイルドシートを着用するべきである。
  • やむを得ない事情により、チャイルドシート着用免除される場合もある。
  • チャイルドシートの助手席着用は法律違反ではないが、助手席は事故を起こした際、致死率が高く、子供に気を取られる可能性もあるため、避けるべきである。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


7 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ