キャッシュカードの暗証番号を忘れた場合の対処法は?変更手続きは?

カード

あなたは銀行口座をいくつ持っていますか?おそらく1つだけ使っているという人は少ないでしょうね。ほとんどが複数の銀行口座を使っていることでしょう。私も複数持っていますが、時々キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまうことがあります。

 

何パターンがよく使っている番号があるのですが、どれがどの銀行の番号だったか忘れてしまうのです(笑)もしも暗証番号を忘れてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか?

 

今回は、キャッシュカードの暗証番号を忘れた場合の対処法と変更手続きを説明します。

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

キャッシュカードの暗証番号を忘れた場合の対処法は?

女性

 

キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまった場合、銀行によって対処法が異なりますが、主に以下の2パターンで対処します。

 

  • 暗証番号の照会
  • 暗証番号の再登録

 

銀行によってどう違うのか、いくつか説明しますね♪

 

ゆうちょ銀行の場合

ゆうちょ銀行

 

ゆうちょ銀行の場合、郵便局の貯金窓口で、暗証番号の照会をすることができます。ただし、すぐに暗証番号を知ることはできません。以下が、照会に必要なものです。

 

  • キャッシュカード
  • 銀行届出印
  • 通帳
  • 身分証明書

 

後日、簡易書留で書類を郵送されます。その書類が届くまでキャッシュカードが使えないことになるので、不便ではあります。どうしてもお金を下ろしたい場合は、窓口で通帳と銀行届出印で下ろすことになります。

 

ちなみに、ゆうちょ銀行の場合は代理人が委任状を記入し、手続きすることもできます。委任状はゆうちょ銀行のホームページからダウンロード可能です。

 

暗証番号を変更する方法は?

ゆうちょ銀行のキャッシュカードの暗証番号は、ゆうちょ銀行の窓口、ATMで変更手続きすることができます。ゆうちょ銀行窓口では、通帳、または、キャッシュカードが必要です。

 

ATMで変更手続きする場合は、現在登録中の暗証番号を入力後、新しい暗証番号を入力します。

 

三菱東京UFJ銀行の場合

三菱東京UFJ銀行

 

三菱東京UFJ銀行の場合、暗証番号の照会はできません。ですから、暗証番号の再登録が必要となります。各支店の窓口で手続きができますが、新しく登録する暗証番号は、その場で決定するのではなく、事前に決定してから窓口に行きましょう。

 

いきなり窓口で決めると、また忘れてしまいますからね(笑)

 

手続き後、すぐに新しい暗証番号が使えるようになります。以下が、暗証番号の再登録に必要なものです。

 

  • キャッシュカード
  • 銀行届出印
  • 身分証明書

 

暗証番号を変更する方法は?

暗証番号を変更する場合、本店、ATMで変更することができます。現在登録中の暗証番号を入力後、新しい暗証番号を入力します。

 

三井住友銀行の場合

三井住友銀行

 

三井住友銀行の場合、暗証番号の照会を即日ですることができます。以下が、照会に必要なものです。

 

  • キャッシュカード
  • 銀行届出印
  • 身分証明書

 

暗証番号を変更する方法は?

三井住友銀行のキャッシュカードの暗証番号は、各支店の窓口、ATMで変更手続きすることができます。ただし、窓口での暗証番号変更は、カードの再発行となるので、ATMでの変更が手間がないのでおすすめです。

 

楽天銀行の場合

楽天銀行

 

ATMで利用するキャッシュカード暗証番号はウェブサイトで利用する暗証番号の頭4桁です。例えば、ウェブサイトで利用している暗証番号が「123456789」だった場合、キャッシュカードの暗証番号は「1234」となります。これは覚えておきましょう。

 

このルールを覚えていれば、キャッシュカードの暗証番号が分からなくなってしまったとしても、ウェブサイトで利用する暗証番号が分かれば、キャッシュカードの暗証番号が思い出すことができます。

 

また、残念ながらウェブサイトで使う暗証番号を忘れてしまった場合、楽天が郵送する「再登録暗証番号」を使って、再設定する必要があります。

 

暗証番号の再設定方法は、パソコン/モバイルの手順がそれぞれ楽天銀行のサイトに記載されていますので、こちらのページを見てくださいね!

 

楽天銀行暗証番号再設定方法

 

最後に

暗証番号やパスワードって、忘れてしまうから紙に書いておくというのは、セキュリティ上問題があります。ですから、自分が絶対に忘れない番号を登録しておくべきです。

 

しかし、誕生日等の推測されやすい番号は絶対に避けましょう。落とした場合、悪用される可能性があります。

 

ATMでは、暗証番号の入力を一定回数誤ると、不正利用防止のため、ロックがかかり、キャッシュカードを利用することができなくなってしまいます。ロックがかかると、ロックを解除してもらう必要もありますので、面倒なことになります。

 

できるだけ、暗証番号を忘れないように自分の中で工夫をして記憶に留めておきましょう。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


28 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ