カーネーションの花言葉を色別に解説!本数に意味はある?

カーネーション

母の日にカーネーションを贈る人は多いと思います。カーネーションと言えば、赤色ですが、あなたは様々な色があるのをご存知ですか?また、その色によっても花言葉が違うんです。

 

花言葉を知ったうえで、贈る相手に最適なカーネーションを選びましょう。今回は、カーネーションの色別花言葉と本数の意味を調べてまとめてみました。

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

カーネーションの花言葉を色別に解説!

カーネーション共通の花言葉

カーネーション

 

カーネーションは色によって様々な花言葉がありますが、共通している花言葉もあります。カーネーション共通の花言葉は以下のとおりです。

 

  • 女性の愛
  • 感覚
  • 感動
  • 純粋な愛情

 

一応共通の花言葉はあるのですが、色によって色んな意味もあります。

 

以下に、色別のカーネーションの花言葉を紹介します。

 

赤いカーネーションの花言葉

カーネーション赤

 

  • 母の愛
  • 愛を信じる
  • 熱烈な愛

 

この花言葉を見て分かるとおり、母の日に贈るカーネーションの色としては、赤はベストと言えるでしょうね。ただし、注意も必要です。鮮やかな赤いカーネーションなら問題ありませんが、黒に近いような濃い赤は、ネガティブな意味の花言葉になるので、これは避けましょう。

 

ピンク色のカーネーションの花言葉

カーネーションピンク

 

  • 感謝
  • 上品・気品
  • 温かい心
  • 美しいしぐさ

 

ピンク色のカーネーションも「感謝」という花言葉があるので、こちらも母の日に贈って問題ありません。どの花言葉もポジティブで、嬉しい気持ちになる花言葉ですよね♪

 

白いカーネーションの花言葉

カーネーション白

 

  • 尊敬
  • 純潔の愛
  • 私の愛情は生きている
  • 愛の拒絶

 

白いカーネーションには「愛の拒絶」というネガティブな花言葉もあり、基本的には、白色のカーネーションは、今も生きている母親に贈るべき色ではありません。

 

白色のカーネーションは、亡くなった母親に贈るものとされています。生きている母親に贈ると、白いカーネーションの意味を知っている場合、「えっ?」となってあしまうかもしれません。

 

紫色のカーネーションの花言葉

カーネーション紫

 

  • 誇り
  • 気品

 

紫色のカーネーションは、大人な女性をイメージしたような「誇り」、「気品」という花言葉があります。あなたの母親のイメージが、「クール」、「かっこいい」という感じなら、紫色のカーネーションもおすすめです。

 

青いカーネーションの花言葉

カーネーション青

 

  • 永遠の幸福

 

幸福を贈るなんて素敵ですね♪

 

ちなみに、青いカーネーションは自然界には存在しません。蒼井白いカーネーションを青く着色したもの、または、遺伝子組み換えで作られたものがあります。

 

オレンジ色のカーネーションの花言葉

カーネーションオレンジ

 

  • 純愛
  • 熱愛
  • 清らかな慕情

 

オレンジ色のカーネーションは全てポジティブな意味の花言葉ですが、母親に贈るのにベストの色ではないかもしれません。花言葉を見てわかる通り、「一途に相手を想っているよ!」という意味があるので、母親へ贈るというよりは、恋人へ贈るのに向いている色と言えますね。

 

黄色のカーネーションの花言葉

カーネーション黄色

 

  • 軽蔑
  • 嫉妬
  • 愛情の揺らぎ
  • 友情

 

黄色のカーネーションは見た目可愛い感じがしますが、花言葉はネガティブな意味が多いので、誰かに贈るのにはあまり適さないです。もし、贈る場合は、その人が「黄色が大好き!」という場合や、友達に贈る場合も、「友情という意味があるんだよ!」と教えた方が良いかもしれません。

 

カーネーションの花言葉は本数によって変わるの?

女性

 

カーネーションの花言葉は、本数によって変わるのでしょうか?答えは、「本数によって花言葉は変わりません。」です。

 

ですから、一本をラッピングして贈っても良いですし、花束を贈っても良いでしょう。ちなみに、カーネーションの場合は、本数によって意味は変わりませんが、バラの場合は、意味が変わりますよ。

 

スポンサードリンク

母の日のプレゼントに最適なカーネーションは?

女性

 

上で説明したカーネーションの色別の花言葉で分かったと思いますが、母の日に最適なカーネーションは以下の色です。

 

  • 赤色
  • ピンク色

 

場合によっては、これらに紫色、オレンジ色、青色もOKでしょう。

 

逆に、ネガティブな花言葉で、贈らない方が無難なのは以下の色です。

 

  • 黄色
  • 濃い赤

 

まとめ

  • カーネーションの花言葉は色によって異なる。
    • 共通:女性の愛、感覚、感動、純粋な愛情
    • 赤:母の愛、愛を信じる、熱烈な愛
    • ピンク:感謝、上品・気品、温かい心、美しいしぐさ
    • 白:尊敬、純潔の愛、私の愛情は生きている、愛の拒絶
    • 紫:誇り、気品
    • 青:永遠の幸福
    • オレンジ:純愛、熱愛、清らかな慕情
    • 黄:軽蔑、美、嫉妬、愛情の揺らぎ、友情
  • カーネーションの本数によって花言葉は変わらない。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ