2017年の夏の賞与(ボーナス)公務員と民間企業の支給日はいつ?

お金

この前年が明けたと思っていたのに、既に5月も末・・・。時が経つのは本当に早いですね。もうすぐ梅雨もやってきます。雨ばかりだと気分も落ち込みますが、もうすぐ夏の賞与(ボーナス)ですね!

 

はて?支給日いつだっけ?・・・ってことで調べてみましたよ!

 

続きを読む

 

 

スポンサーリンク

2017年の夏の賞与(ボーナス)支給日は?

カレンダー

 

夏の賞与の支給日は、公務員と民間企業では少し違いがあります。それぞれの夏の賞与の支給日は以下の通りです。

 

  • 公務員:6月30日
  • 民間企業:7月初旬

 

民間企業では、時期的には同じぐらいですが、必ずこの日です!と決まっているわけではありません。ちなみに私の所属している会社では、民間企業ですが、7月初旬ではなく、公務員と同じ6月30日です。(金額的には公務員よりずっと少ないが・・・!)

 

民間企業は7月初旬と記載しましたが、7月初旬支給のところが多いというだけです。

 

公務員と民間企業で賞与(ボーナス)支給日が異なる理由は?

女性

 

実は、公務員の賞与支給日は法律できちんと定められているんですね。当記事は2017年の夏の賞与の支給日についての記事ですが、公務員については、毎年同じ日で6月30日なんです。

 

一方で、民間企業の賞与支給日は特に法律で定められているわけでもなく、賞与を出さなければいけない等と決まっているわけでもありません。自分の周りでは、7月15日という人もいますし、7月の初めの週の金曜日という人もいます。

 

会社によっては毎年賞与支給日が固定されているところもありますが、毎年バラバラというところも結構多いですね。

 

スポンサーリンク

夏の賞与(ボーナス)の平均支給額は?

お金

 

夏の賞与の平均支給額はどれぐらいなのでしょうか?あなたの所属している会社ではどうですか?大体の会社では、基本給×1.5とか基本給×2というところが多いかもしれませんね。

 

2016年のデータでは、夏の賞与の平均支給額は、35万8409円だったということです。もちろん業種によってばらつきはあるでしょうし、大企業と中小企業ではかなりの違いがあります。大企業では80万9887円だったということです。う、うらやましい・・・。

 

ちなみに、私の所属している会社では、基本給分ぐらいしかもらえません(泣)しかし、正社員であっても全くもらえないところも結構あるようなので、出るだけありがたいと思っておいたほうがいいんですかね?少ないと思うのなら、自力で増やすしかないですね(笑)

 

ただ、賞与(ボーナス)にも社会保険だー所得税だーと、なんやかんや引かれるんですよね・・・。昔は課税されていなかったようですが・・・。

 

賞与(ボーナス)は給与所得として扱われているので、普通の給料と同じように社会保険とか所得税とか引かれちゃうようです。

 

まとめ

  • 公務員の賞与(ボーナス)支給日は毎年6月30日と決まっている。
  • 民間企業は、企業によってばらつきはあるが、7月初旬のところが多い。

 

2016年は、前年と比較して少し上がったようですが、今年はどうなるのでしょうか?個人的な予想ですが、昨年と同じぐらい少し上がるのではないでしょうか?(期待を込めて(笑))ちなみに私は2年連続全く変わりませんでした(汗)

 

とりあえず、今年はiPad Proが欲しいので、それはボーナス商戦で安かったら買おうと思います。1年に1回2回ぐらい自分にご褒美ということで良いのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

関連記事(一部広告)