エイプリルフールの由来は?嘘をついていいのは午前中まで?

エイプリルフール

4月1日はエイプリルフールです。4月1日は嘘をついてもいいとされています。私の周りでもSNSで、毎年4月1日にコレ絶対嘘だろ!というようなつぶやきを投稿していて、今年はどんな嘘かな?と楽しみになっています(笑)

 

ところで、あなたはエイプリルフールの由来をご存知でしょうか?嘘をついていいのは午前中までで、午後はダメという話も聞くけど、実際どうなの?・・・ということで、調べてまとめてみました!

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

エイプリルフールの由来は?

女性

 

実は、エイプリルフールの由来には、いくつか説があります。説があまりにも多かったのですが、その中から有力な説を紹介します。

 

国王への反抗説

王冠

 

16世紀、ヨーロッパでは、3月25日が新年となっており、4月1日まで新年を祝うお祭りが行われていました。しかし、1564年、フランスのシャルル9世が、新年を1月1日からとする新しい暦を採用したのです。

 

これに、国民たちが反発しました。国民たちが皮肉を込めて4月1日に「嘘の新年」として、馬鹿騒ぎするようになりました。しかし、これに対し、新年を1月1日からとする新しい暦を採用したシャルル9世は怒って、国民を処刑してしまいます。。。

 

処刑された国民の中には13歳の少女も含まれていたということです。フランスの国民は、この事件に関して、フランス国王へ抗議の意味を込めて、事件後も4月1日は盛大に「嘘の新年」を祝うようになったという説です。

 

ノアの方舟説

舟

 

ノアの方舟をご存知でしょうか?ノアの方舟は、旧約聖書に記されている大洪水から逃れるために作られた舟のことです。陸地を探すために、ハトを放すのですが、ハトが陸地を見つけることができずに戻ってきてしまいます。

 

その日が4月1日だったということです。

 

ハトを放したけど、無駄(=嘘)だったということです。そのことから4月1日は嘘をついてもいい日になったということです。

 

馬鹿な魚説

サバ

 

4月1日はフランスでは、「Poissond’Avril(ポワソン・ダブリル)」と呼ばれています。その意味は、「4月の魚」。

 

フランスでは4月にサバがよく釣れるようです。非常によく釣れるため、サバのことを馬鹿な魚と呼びます。日本では、警戒心がなく誰でも釣れるので、ハゼを「ダボハゼ」と言ったりしますね。そのフランスバージョンがサバということですね(笑)

 

4月1日はフランスの子供は、魚(サバ)の形をした紙を背中に貼り付ける遊びをするそうです(笑)日本でも小学生のときによくイタズラしませんでしたか?「私は○○です」と書かれた紙を気づかれないように貼り付けるヤツ。

 

イエス・キリストの命日説

キリスト

 

4月1日はイエス・キリストの命日で、ユダに裏切られたことを忘れないために作られたという説もあります。しかし、この説が本当なら、4月1日にそう簡単に嘘はついていけないような気がしませんか?(笑)

 

インドの修行僧説

インド

 

インドでは修行僧は、春分の日から1週間、悟りの修行を行います。その修行期間は4月1日まで続きます。悟りの修行によって境地に達するも、4月1日には現世に戻ってきてしまうので、修行が無駄になってしまうとして、笑い話になっていました。

 

修業は4月1日に終わりますが、4月1日を揶揄節と呼び、この日を他人に無駄なことをさせて、からかうという習慣が生まれました。それがエイプリルフールの始まりだったという説です。

 

当記事では5つの説を挙げましたが、実は他にもたくさんエイプリルフールの由来があるんですよ。実際、どれが本当なの?と思いますが、個人的には、国王への反抗説かなぁ?と思ってます。

 

エイプリルフールに嘘をついていいのは午前中まで?

時計

 

エイプリルフールに嘘をついていいのは午前中までだと聞いたことはありませんかこの由来は、イギリスの「オークアップルデー」から来ていると言われています。

 

オークアップルとは、樫の実のことです。イギリスでは、王に忠誠の証として午前中だけオークアップル(樫の実)を身につけ、つけていない人は、周りから責められるという風習があるのです。

 

これがエイプリルフールにも適用されて、「午前中だけ嘘をついていい」ということになったんですね。

 

ツイッター等のSNSを見ていると、日本では、午前中に嘘をついて、午後にその嘘のネタばらしをするというのが暗黙のルールとなっており、定着している感じがしますね。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • エイプリルフールの由来は、複数あり、どれが本当なのかは分からない。
  • 当記事では、「国王への犯行説」、「ノアの方舟説」、「馬鹿な魚説」、「イエス・キリストの命日説」、「インドの修行僧説」を紹介した。
  • エイプリルフールは午前中まで嘘をついていいというのが定着している。これはイギリスの「オークアップル」から来ている。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ